1. ホーム
  2. わきがコラム
  3. ≫【ワキガ手術は再発リスクあり?】ワキガ手術の種類と8つの副作用

【ワキガ手術は再発リスクあり?】ワキガ手術の種類と8つの副作用

ワキガの悩みを持っている方の中には、「ワキガ手術をしたら治るのかな」と、ワキガ手術に対して”ワキガ完治”の希望を持っている方もいるでしょう。

ワキガ手術は、ワキガのニオイを無くすためにはベストな選択かもしれませんが 手術後に副作用や後遺症が出ることもあります

ここでは、ワキガ手術の種類や副作用などについて詳しくご紹介していきます。

ワキガ手術の種類

ワキガ手術の副作用をご紹介する前に、ワキガ手術にはどのようなものがあるのか、ワキガ手術の種類を先にご紹介しておきます。

①剪除法(せんじょほう)

「剪除法」は、ワキを3~5㎝ほど切開してから汗腺を取り除いていく手術法です。

剪除法はワキガ手術の中では、最も再発リスクが少ない手術法だといわれています。

一つ一つのアポクリン汗腺を、医師が目で確認しながら取り除いていくので、汗腺の取り残しが少ないからです。

しかし、ワキの下をメスで3~5㎝切開しなければならないため、傷跡が残るケースもあります。

また、1週間程度は傷口にガーゼを当てておくので腕を上げることが出来にくくなります。

②皮下組織吸引法

「皮下組織吸引法」はワキの下を1㎝ほど切開して細い管を通し、汗腺を吸引して吸い出す手術法です。

①でご紹介した「剪除法」よりも、傷口は小さくて済む手術です。

しかしアポクリン汗腺があまり吸引されず、ワキに汗腺が多く残ったままになることがあり、再発リスクの可能性が高くなることがあります。

③超音波吸引法

「超音波吸引法」はワキを1㎝ほど切開した後、超音波で汗腺組織を破壊しておき、その後に汗腺を吸引していく手術法です。

②の「皮下組織吸引法」では1㎝ほど切開した後にすぐに細い管を入れ込みますが、「超音波吸引法」では先に超音波の熱を与えて汗腺組織にダメージを与えてから、管を入れて吸引していきます。

やけどの恐れなどもありますが、②の皮下組織吸引法よりも効果が高いといわれています。

④皮下組織削除法

「皮下組織削除法は」、ワキを1㎝程切開して特殊器具を中へ差し込み、アポクリン汗腺を含む皮下組織を取り除いていく手術法です。

皮下組織削除法は、ワキ内部に細胞を掻き出しやすい特殊器具を挿入して、皮下組織を丸ごと削り取っていきます。

傷口は小さく効果は高めですが、皮下組織を取り除くため皮膚が薄くなり、1週間ほどはワキ下にガーゼをはさんで固定しておく必要があります。

⑤ミラドライ法

ミラドライ法は、切開せずマイクロ波で汗腺を破壊していく手術法です。

ミラドライ法はメスを使わないので傷口が出来ることはありません。

しかし効果が出にくいことがあり、マイクロ波を数回に渡って照射する必要が出てきた場合、費用が高額になることがあります。

ワキガ手術の8つの副作用


ここからは、ワキガ手術の副作用を8つ挙げて、それぞれ詳しくご紹介していきます。

①傷跡が残る

ワキを切開してからアポクリン汗腺を取り除く手術であれば、必ず皮膚の切開にはメスを使用します。

そうすると、必然的に数センチの傷跡は残ります。

傷跡の残り方には個人差があるので、時間の経過とともに徐々に傷跡が薄くなる方もいれば、そのまま目立つ傷跡が残る方もいます。

②皮膚が引きつる、盛り上がる

メスでワキの切開を行った時、ワキのリンパ腺を切ってしまうこともあるといいます。

たいていは自然に治りますが。しかし切れたままの状態だと、皮膚が引きつったり、ボコボコとミミズ腫れのように赤く腫れあがった傷を残してしまうことがあります。

③粉瘤(ふんりゅう)が出来る

粉瘤とは「アテローム」とも呼ばれ、皮下組織に老廃物が溜まってしまい、徐々に大きくなったイボのようなデキモノです。ドロドロとしていて、悪臭を放ちます。

毛穴に皮脂汚れアカが残った状態で、傷口が縫い合わされることでよく起こるといわれています。良性の腫瘍ですが、猛烈なかゆみを伴うことがあります。

④色素沈着が残る

ワキは他の部位より皮膚が薄いので、手術による刺激などを受けやすく肌が赤く炎症を起こし、メラノサイトが活性化してしまうことがあります。

メラノサイトが活性化して元気になると、黒いメラニン色素が沢山作られて、ワキが黒ずんでしまい、色素沈着を起こすことがあります。

⑤ワキガが再発する

ワキガ手術は、1回で成功するとは限りません。個人によってアポクリン汗腺の個数は違いますので、汗腺が多い方などは取り切れないこともあります。

しかも取り除けたと思っていたアポクリン汗腺も、組織が少しでも残っていれば再生することがあります。ですから、ワキガが再発することは当然あります。

二度目の手術は傷跡が残り皮膚が硬くなっていることも多いので、一度目より時間がかかりますし、上手に行われない可能性も高くなります。

⑥ワキ以外から汗が噴き出る

ワキガ手術でアポクリン汗腺を取り除くと、その部分から出るはずだった汗が他の部分に回ってしまい、ワキ以外から大量の汗が噴き出ることがあります。

ワキの出口を失ってしまった汗は、顔や首、胸、デリケートゾーンなどから出やすくなることが多いです。

⑦ほてりやすく多汗になる

ワキガ手術でアポクリン汗腺を取り除いたことで、交感神経が正常に作用しなくなり、ほてりやすく多汗になることがあります。

交感神経は体温調節をする機能を持っているので、交感神経が狂ってくるとほてりやすくなります。

⑧むくみやしびれが出る

ワキガ手術をすると、ワキの下にある神経細胞を傷つけてしまうことがあり、これによってむくみしびれが起きることがあります。

これはワキにメスを入れることで起こる副作用なので、ミラドライ法などの切開を必要としないワキガ手術では起きません。

手術でワキガは完治する?再発リスクと効果の期間

ワキガ手術の再発リスクはどれくらい?

ワキガ手術をしても、ワキガがまた再発するリスクはあります。

ある統計では、ワキガ手術の再発リスクは20~30%ほどあると報告されています。そしてまたある統計では、40~50%程度の再発リスクがあるとも報告されています。数値に違いはありますが、再発リスクは0ではないということです。

ワキガ手術を受けても、ワキガが100%完治することは難しいといわれています。

ワキガ手術を行う医師もそのことはよく分かっており、現にカウンセリングなどでは「ワキガ手術で完璧にワキガが治ることは難しいことがあり、再発のリスクもあります」という内容を必ず伝えるといいます。

ワキガ手術の効果がある期間は?

ワキガ手術は成功すると、個人差はありますが、数年間はワキガ臭が抑えられるといわれています。

先程、説明しましたがワキガ手術は再発リスクが少なからずあります。

そしてワキガが再発する時は、「手術後、半年~1年の間で再発することが多い」といわれています。

アポクリン汗腺は再生能力がある汗腺で、ワキガ手術で組織を丸ごと取り除くことが出来なければ、ワキガ臭を抑える効果のある期間は数年ほどしかないといわれています。

もちろん中には、1回のワキガ手術で十数年の間で効果が保たれる場合もありますし、効果がずっと続く方もいます。

ワキガ手術は医師の手術の腕前やスキルが非常に重要ですし、効果には個人差も深く関係してきます。

ワキガ手術をしても、ニオイが抑えられる期間が短い人もいれば、ニオイが抑えられる期間が長期に及ぶ方もいます。

結局、ワキガ手術は受けないほうがイイの?

「もし副作用が出てもワキガが治るなら!」と、後悔しない方はOK

ワキガ手術はワキガ治療には効果的ですが、副作用のリスクがあるということをよく理解しておく必要があります。

ワキガは、手術を受けても治らない方もいます。

そして、ワキガ手術は再発のリスクや副作用のリスクもあるので、手術をお考えの方は「ワキガを治したい!ワキガが治るなら、副作用が出てもいい!」ぐらいの気持ちで受ける必要があります。

ワキガ手術を受けて予想される結果は、以下の通りです。

《ワキガ手術で予想されること)》

①ワキガが治り、副作用もなく、再発もしない

②ワキガが治り、傷跡が残る副作用が出たが、再発はしていない

③ワキガが治り、副作用は無かったが、また再発してしまった

ワキガが治らなかった、副作用はなかった

ワキガが治らなかった、しかも傷跡が残る副作用が出た

「もしも副作用が出た」としても、また「もしもワキガが治らなかった」としても、「最終的にすべて自分で納得することが出来る!」という方は、ワキガ手術を受けても後悔はしないでしょう。

ワキガ手術は、再発のリスクや副作用のリスクを背負ってでもやるべきなのか、よく考えてから受ける必要があります。

手術より先にデオドラント製品の二重使いなどを試してみよう!

デオドラント製品を上手に使うことで、かなりのワキガ臭を軽減させる効果が得られることがあります。

ワキガ手術を受ける前に、デオドラント製品を上手に使って強烈なワキガのニオイを軽減させることを試みてみましょう。

例えば、お風呂でワキガ臭を抑える殺菌・消臭効果の高い石鹸やボディシャンプーを使います。

そして、お風呂上がりにクリームタイプのデオドラント製品を塗り込むなどすると、かなりのワキガ臭軽減効果を得られることがあります。

そしてまた例えば、お風呂上りなどに、ワキにクリームタイプやロールオンタイプのデオドラント製品を塗ります。

その上から殺菌・消臭効果の高いスプレー式のデオドラント製品を吹き付けておくことでも、ワキガのニオイをかなり軽くすることができます。

ワキガ手術をしても「完全に治らない」ことや、「再発の可能性がある」「副作用がある」ということを考えれば、今使っているデオドラント製品の見直しを行ってみるのもよいでしょう。

まとめ

ワキガ手術は、成功するとニオイがなくなりますので大変よいものですが、副作用などの大きなデメリットもあります。

ワキガ手術は傷跡が残るといった副作用や、ワキガがまた再発することもあるという再発リスクを背負ってからでなければ受けられない手術です。

現在は、ワキガ用のデオドラント製品も効果の高いものが沢山あります。デオドラント製品の重ね付けなどで、強烈なワキガも抑えられることがあります。

参考五味クリニック公式HP

デオドラントランキング

重度のワキガ臭に悩む私が厳選したデオドラントクリームは次の5つです。

【2018年最新版】ワキガ用デオドラントランキング
  1. クリアネオ
    (重度のワキガの匂いを完全に消したい方はコレ)
  2. ノアンデ
    (効果と持ち運びできるおしゃれさが必要な方はコレ)
  3. ラポマイン
    (乾燥肌体質で保湿成分が必要な方はコレ)
  4. デオプラスラボ
    (スソワキガにも使いたい方はコレ)
  5. デオシーク
    (サプリも活用して体全体で匂い対策したい方はコレ)

 

【第1位】クリアネオ ワキガクリーム

クリアネオ

  • 重度のワキガにも効く有効成分(柿渋エキス)配合
  • 制汗効果&持続性があり朝の1塗りでOK
  • 夏でも、塗り直しが不要
  • 永久全額返金保証付き&購入回数縛りなし
  • 医薬部外品
クリアネオってどんなデオドラント?

クリアネオ他のデオドラントと比べて消臭力と制汗効果がかなり強い!口コミが多く、雑誌でも紹介されている人気のデオドラントクリーム

その消臭効果や制汗力は、夏場でも実感できる威力との口コミも多いのですが、実際に使ってみると、確かにその効果を感じました。

特に汗を抑える力が強く、クリームが汗で流れ落ちにくいので、消臭効果が長く続くというのが大きな特徴です。

なお、効き目は強いのに、肌への刺激はほとんどないので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使えます

クリアネオのおかげで、ワキガの匂いに対する不安はほとんどなくなりました。

キャンペーン価格で購入できます

→管理人によるクリアネオのレビュー記事はこちら

 

【第2位】ノアンデ

ノアンデ

  • 除菌力が強くワキガ臭を抑える
  • 制汗効果はクリアネオより少し劣る
  • 化粧品のようなデザイン
ノアンデってどんなデオドラント?

DSC07054ノアンデもかなり人気の商品で、ユーザーが多いデオドラントです。「ワキガの匂い菌を100%除菌」という表示通り、確かに消臭効果が強い商品でした。

デザインがとてもお洒落で、しかもプッシュ式のため、化粧ポーチの中に入れていても違和感がなく、持ち運び向きと言えるでしょう。

→管理人によるノアンデのレビュー記事はこちら

 

ピックアップ記事

クリアネオとノアンデを同時に使って、ワキガの消臭効果や制汗力を比較しながら検証してみました。

 

【第3位】ラポマイン

ラポマイン

  • 消臭力は上位商品に負けず劣らず
  • 保湿効果で脇汗を抑える
  • 購入回数縛り&値段が高いのがデメリット

(定期購入割引で買うには3回継続が必須です。)

ラポマインってどんなデオドラント?

ラポマインラポマインは、以前、アットコスメのランキングで1位を獲得した実績があり、そこから人気が出てきたデオドラントクリーム。

保湿成分が配合されていて、その効果により脇汗を抑えるとのことですが、制汗効果は普通でした。それほど強くないように感じます。

それでも、ラポマインはワキガ対策やスソワキガ対策としても効果がありましたので、第3位にエントリー!

→管理人によるラポマインのレビュー記事はこちら

 

【第4位】デオプラスラボ

デオプラスラボ

  • 女性誌での紹介が多い
  • クリームの伸びが良いので少量でもOK
  • 値段が少し高くコスパが△

(定期購入割引で買うには3回継続が必須です。)

デオプラスラボってどんなデオドラント?

16723968986_3df9a4af1a_z最近リニューアルされてパワーアップしたデオプラスラボ。少し値段は高いのがネックですが、人気がある商品です。

デオドラントクリームとしては珍しい完全チューブタイプのパッケージで、少量の使用でも手に取りやすいのがメリット。

一方の効果は、上位3つには劣りますが、夏場でもその効果は十分感じることができました。

→管理人によるデオプラスラボのレビュー記事はこちら

 

【第5位】デオシーク

デオシーク

  • クリームの伸びが良いので少量でもOK
  • サプリメントが付いている!
  • 1本で40日程度なのでコスパが少し悪い
デオシークってどんなデオドラント?

デオシークは、少し値段が高い商品ですが、女性を中心に人気がある商品です。その理由は、高い消臭効果と制汗力があるから。

クリアネオやラポマインと同様、伸びの良いクリームなので使い勝手もよく、少量の使用でも手に取りやすいのがメリット。

値段が少し高い理由は、消臭目的のサプリメントが付いているからですが、個人的にはこのサプリメントは不要と感じています。

管理人が試したデオドラントレビュー


Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/affi2870/xn--u9jvgc7xm35xqeap98d.com/public_html/wp-content/themes/msx-02-170929/functions/adminpages.php on line 984