1. ホーム
  2. デオドラントレビュー
  3. ≫【口コミ】レセナドライシールドパウダースティックはどれぐらいワキガ臭を抑えたか?

【口コミ】レセナドライシールドパウダースティックはどれぐらいワキガ臭を抑えたか?

【デオドラントレビューシリーズ】

今回私がご紹介するのは、ユニリーバが発売する「レセナドライシールドパウダースティック(ベビーパウダーの香り)」です。

薬局やドラックストアーによく行かれる方なら、一度は目にしたことがあるかもしれませんが、実はこの商品を発売するユニリーバは、なんと世界合計37カ国でトップの売り上げを誇る超有名ブランドなのです。

そんな世界から愛されるユニリーバが発売した、レセナドライシールドパウダースティックを、重度のワキガの私が実際に使ってレビューしてみます。

【写真付】レセナドライシールドパウダースティックはどんな商品なの?

こちらが購入したレセナ ドライシールドパウダースティックです。

香りは無香料、フルーティフローラル、スタイリッシュムスク、ベビーパウダーの全4種類がありますが、ふんわりと優しい印象になりたかったので、男女にウケが良さそうなベビーパウダーの香りをチョイスしました。

ちなみに、今回はスティックタイプを購入しましたが、従来品90g→新登場135gに増量したスプレータイプもあるようなので、用途に合わせて使い分けるのもアリです。

レセナドライシールドパウダーの魅力は何と言っても、汗に溶けたジェルが汗腺に蓋をして肌に高密着するから、効果時間が長いところにあります。

今まで色んなデオドラント商品を使ってきましたが、だいたい半日も経たずに効果がなくなってしまうものが多かったので、今回は制汗作用と効果持続時間、消臭効果の3つに期待したいと思います。

さて袋から開けて商品を取り出してみました。プラスティックのボトルに入っているレセナドライシールドパウダースティックは、手のひらにすっぽりと収まるサイズで持ち運びには便利です。

レセナドライシールドパウダースティックは、以前ご紹介したレディスピードスティックと同じボトルの形状で、ボトル下部にあるダイヤルを回すと中のスティックが出てくるようになっています。

蓋を開けてみると、中にはさらに内蓋が入っていました。

内蓋を外し、ダイヤルを回すと中から白い固形状の物質が出てきました。ベビーパウダーのような優しい甘さが感じられる香りで、刺激臭が一切感じられません。

香りだけで判断するとデオドラント商品とは思えませんでした。

ワキの形に沿った丸いドーム型の形をしており、塗る部分が幅広になっているので、面倒くさがりの方もあっという間にケアできそうです。

試しに手の甲に塗ってみました。確かに商品名のパウダースティックと言うだけあって、塗った部分はとてもサラサラします。

乾かさなくても塗った瞬間から肌がべたつかず、白浮きしないから忙しい朝でも便利な商品です。

先ほどレセナドライシールドを塗った箇所を、水で洗い流してみました。すると、塗った箇所だけが水を弾き、面白いほどに下へと水が流れていくのです。

しかもスティックを塗った箇所を触ってみると、べたつかずぬるっとしないからとても驚きました。水で流してもベビーパウダーの甘い香りが顕在しているので、制汗作用と共に消臭効果がとても期待されます。

それではさっそくレセナドライシールドパウダースティックを使ってみた感想をまとめていきたいと思います。

レセナドライシールドパウダースティックを使ってみた感想

レセナドライシールドパウダースティックの使い方は以下の通りです。

基本的な使い方はまずキャップを取って、上部のつまみを取り、中身をひねり出してから脇の下など匂いが気になる部分にしっかりと塗るだけ。

多くの方は汗をかき始めた時や、ワキガの臭いが気になったときに塗る方が多いので、予防をする意味でも、まずは汗をかく前に使用するとさらに効果的と言えます。

それではさっそく塗ってみたいと思います。まずは左の脇からくるくると円を描くように塗っていきます。

あまり中身を出し過ぎると折れてしまう危険性があったので、少量を出しながら肌にダメージを与えない程度に塗ると、5秒もしないうちにべたついていた肌が、さらっとした肌に変化しました。

しかもベビーパウダーのほのかな香りがワキから漂うので、香りだけで女性らしい雰囲気を演出することができますし、男性ウケも良さそうです。

ちなみに以下はレセナドライシールドパウダースティックを塗った直後のワキの状態なのですが、塗ってすぐの状態でもさらさらとしたワキになっているので使い勝手は良さそうです。

ロールオンタイプでしっかりと脇に塗りこむことで、ニオイの原因となる汗腺にもしっかりと成分が行き届いている気がします。

↓レセナドライシールドパウダースティックを塗った直後のワキ

しかもドライシールドパウダースティックを塗った箇所も、変に白くならないから、この上から黒い服を着ても白く汚れることはなさそうです。

スティックを塗った箇所が非常にさらさらとしていたので、本当に制汗・消臭作用はあるのか、また効果は長続きするのか不安に思っていたのですが、意外にも消臭効果が強く、普通にクーラーがきく部屋で過ごしていれば5時間ほどは効果が持続しました。

これは正直言って自分でも驚きでした。

なぜならばクーラーが効いている部屋で普通に過ごしていても、しばらく経過すればおでこや鼻に脂汗をかいてしまう私が、今日はワキにほとんど汗をかいていないからです。

ただし5時間以上経過すると、ベビーパウダーの香りとワキガの香りがMIXされるので、この点はレセナドライシールドパウダースティックの大きなデメリットです。

汗をかかなければワキガの臭いもまったく気にならなかったのですが、この商品も市販されているデオドラント商品と同じように、「汗をかく=臭いが出始める」ようです。

しかしながらレセナドライシールドパウダースティックは、再度塗り直しさえすれば、効果が少し復活するので、スポーツをやっている方はもちろん、楽器を弾いている方や、ここぞという大事なイベント時に使用したい方などの応急処置としては悪くない商品です。

レセナドライシールドパウダースティックは安全なのか?気になる成分を調査

今回レセナドライシールドを使用するにあたって、特に肌への異常は現れませんでしたが、敏感肌の方は使用する上で副作用の有無が気になると思います。

そこでこの章ではレセナドライシールドパウダースティックに配合されている成分と、その他の成分に着目してみたいと思います。

クロルヒドロキシAI(アルミニウム)

汗の出どころとなる汗腺にフタをすることで、ニオイの元となる汗自体を抑えることができます。

多汗症の治療薬に多く配合されている塩化ナトリウムと働きは非常に似ていますが、クロルヒドロキシアルミニウムの方が肌に与えるダメージが弱く、副作用の危険性が少ないのがメリットです。

ただしクロルヒドロキシアルミニウムは、ワキガそのものを改善する成分ではないため、使用を中止すれば再度臭いが出てしまうことになりかねません。

シクロペンタシロキサン

シリコーンの1種であり、コンディショナーなどの艶出し効果を得るために使用されることが多いです。ベタツキが少なく、さらさらとした揮発性のある成分で、非常に安全性が高いことでも知られています。

酸化をすることもなく、シクロペンタシロキサンでアレルギー反応が出る方もいないので、敏感肌やアレルギー体質の方でも安心して使用することができます。

ヒマシ油

抗菌作用や抗炎症作用があるヒマシ油は、リシノールさんを多く含んでいるので、鎮痛剤や炎症剤などでも活躍しています。

またこのほかにも大腸炎や肝硬変、便秘などにも利用されることが多いのでヒマシ油はいろんな化粧品に配合されています。

そのためヒマシ油を使った「シミ隠し」「ニキビ隠し」「肌の保湿効果」などを同時に得ることができる非常に優れた美容成分です。

アロエ果汁末

アロエは昔から軽いやけどの治療薬や、美白効果、便秘改善、保湿効果など様々なシーンで利用されることが多く、特に中国では古くから漢方薬としてもなじみがありました。

アロエをジュースや粉末にすることによって、こうした効果を得られるので、いろんな商品化にもされています。

ステアリルアルコール

皮膚を保護する役目や保湿、柔軟効果などがあるため、コンディショナーやトリートメントに多く配合されている成分です。

原料は鯨ロウなどで光沢感のある白い油状になっています。ステアリルアルコールは、乳化剤や保水剤、油剤などに使用されることが主ですが、アレルギー症状を引き起こす可能性があることと、肌かぶれ、皮膚への刺激を感じる場合があり、使用上には注意が必要です。

そのため使用前にはまずパッチテストをしたり、かかりつけの医師に相談すると良いです。

レセナドライシールドパウダースティックの配合成分を見たところ、有効成分となるクロルヒドロキシアルミニウムの他に、感触を柔らかくしたり、保湿効果の高い成分を多く配合しているように見えました。

副作用のある成分は少なように見えましたが、中には肌が荒れたりかぶれたりと副作用が現れる可能性がある成分もありますので、使用する前に不安を感じる方は一度かかりつけの医師に相談すると良さそうです。

また配合成分の中にアレルギー症状を引き起こす成分がある場合は、使用を控えるようにしましょう。

レセナドライシールドパウダースティックの最安値販売店は?

レセナドライシールドパウダースティックは店頭でもよく見かけるデオドラント商品の中の1つですが、店頭以外で購入しても安くGETできる方法はあるのでしょうか。

レセナドライシールドパウダースティックを、1円でも安く購入するために、この章では公式HPに記載されていた大手通信販売会社のAMAZON(アマゾン)、楽天、ケンコーコム、爽快ドラッグの4社から値段を比較してみることにしました。

(2017年7月27日現在)
①楽天(ラクテン):680円+送料
②AMAZON:664円+送料
③ケンコーコム:854円(税抜)+送料
④爽快ドラッグ:856円(税抜)+送料
⑤公式HP:取扱無
⑥店頭:714円

通信販売会社で比較してみると、単価が安いAMAZONが最安値となっていますが、(私が住む地域の)ドラックストアーで販売されていた価格と比較してみると、やはり送料がかからない分、店頭で購入した方がお得になっていました。

そのためレセナドライシールドパウダースティックの最安値販売店は、店頭となりますが、「買いに行くのが面倒」「周囲の人にばれたくない…」という方は、ネットショッピングで購入するのももちろんアリだと思います。

 レセナドライシールドパウダースティックのメリット・デメリット

続いてレセナドライシールドパウダースティックを使ってみて、私自身が感じたメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

メリット

  • 汗をかいてもヌルッとしない
  • 肌がサラサラとする
  • 外出先でも簡単にケアすることができる
  • 香りが強すぎないので、シーンを選ばず利用できる

デメリット

  • 塗る部分が幅広タイプになっているので、細かい部分はケアできない
  • ベビーパウダーの香りが甘めなので、男性向けではない
  • 長時間の効果持続性は期待できない
  • 多汗症・強いワキガ体質には不向き

今回購入したレセナドライシールドパウダースティックは、多汗症・強いワキガ体質の私が使うと、暑くなったらすぐに汗をかいてしまい、それとともにワキガの臭いがでてしまいました。

今まで色んなデオドラント商品を使ってきましたが、どれも強い制汗作用のある商品に出会ったことがなく、もう少し強い制汗作用があると効果が長続きするのかなと思いました。

ただ使用感に関しては非常によく、さらっとしたスベスベ肌になれるので暑い時期にはピッタリの商品だと言えます。

またベビーパウダーのほのかに甘い香りが主張しすぎない程度に漂うので、プライベート用はもちろん会社や学校でも使うことができそうです。

レセナドライシールドパウダースティックを使ってみて、消臭効果や制汗作用はそこまで強くないように感じましたが、比較的軽い付け心地で使うことができるので、とっさのときに対応策や身体のべたつきが気になる時に使うと良いかなと思います。

まとめ

今回はレセナドライシールドパウダースティックを使ってみましたが、商品名にある通り、確かに肌がサラサラになります。

私は汗をかくと、べたべたとしてしまうので、シャワーを浴びないとすぐに臭くなってしまいますし、体のベタツキが気になって強いストレスを感じてしまうのですが、レセナドライシールドパウダースティックを塗れば、こうした不快感を感じずに過ごすことができるので、とても重宝しています。

ただし、制汗作用とワキガの消臭効果がそこまで強くないので、デオドラント商品としての機能性はそこまで期待できませんが、かなり軽度のワキガ体質の方であれば効果は期待できるでしょう。

デオドラントレビュー コメントなし

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

管理人が試したデオドラントレビュー