1. ホーム
  2. デオドラントレビュー
  3. ≫【写真付口コミ】QB薬用デオドラントクリームは本当にワキガに効く?

【写真付口コミ】QB薬用デオドラントクリームは本当にワキガに効く?

【デオドラントレビューシリーズ】

最近ジワジワとデオドラント商品の中で人気になっている商品があります。それは「QB薬用デオドラントクリーム」という商品です。

クリームと言えば汗や雨で流れやすいイメージを持っている方も多いかと思いますが、実はこのQB薬用デオドラントクリームは、クリームタイプには珍しいウォータープルーフになっています。

今までいろんなクリームタイプのワキガ商品を使ってきましたが、ウォータープルーフの商品に出会ったことがなかったので、さっそく購入してみることにしました。

果たして本当に汗で流れないのか、ワキガへの効果を検証してみたいと思います。

QB薬用デオドラントクリームってどんな商品?

ワキガの原因にアプローチをする有効成分入り

一般的に発売されているデオドラント商品って、お手頃な価格で購入できる商品となると有効成分が1~2個しか入っていないことがほとんどなのですが、QB薬用デオドラントクリームの場合はなんと3つの有効成分が配合されています。

主な効能はわきが、皮膚汗臭、制汗の3つですが、どの成分がどの働きをするのか一度確認したいと思います。

①イソプロピルメチルフェノール(殺菌)

言わずもがな知れたワキガの有効成分の1つ「イソプロピルメチルフェノール」です。

主に殺菌、防カビ、防腐作用のある成分で、ニキビのアクネ菌を殺菌する効果もあるためニキビケア商品にも配合されています。

また強い殺菌力を誇るので、防カビ剤をはじめ、防腐剤などにも利用されています。

そんなイソプロピルメチルフェノールには、ワキガの原因となる菌を殺菌する働きもある為、ワキガへの効果も期待視されています。

②トリクロサン(殺菌)

殺菌効果のあるデオドラント商品に良くみられるトリクロサン。

特にブドウ球菌などのグラム陽性菌には非常に効果的であるとされますが、殺菌力が非常に高いため、ワキガ関連商品をはじめ、歯磨き粉やシャンプー、石鹸などに幅広い用途で使用されています。

③酸化亜鉛(制汗)

酸化亜鉛とは、そもそも亜鉛の酸化物のことを指します。副作用の危険性もないので、ベビーパウダーにも使用されるほど安全です。

酸化亜鉛は主に収れん作用や、患部の保護、紫外線のダメージから守ってくれる効果があります。

ワキガに効果的な働きはこの収れん作用で、ニオイの原因となる汗腺にフタをすることで、ニオイの元を断つ効果を発揮します。

厳選された8種類の天然植物成分配合

QB薬用デオドラントクリームには、こうした有効成分以外にも8種類の天然植物エキスを配合しています。エイジツエキスをはじめ、ラベンダーエキス、チンビエキス、オウゴンエキスなど抗菌作用や収れん作用のある成分を配合することで、ニオわない体づくりをサポートします。

QB薬用デオドラントクリームは3種類の有効成分を配合したクリームタイプだから、ニオイが気になる部分にもしっかりと密着しますし、ウォータープルーフだから水に流れにくく気になる匂いや汗をしっかりと抑えることができます。

しかも従来のQB薬用デオドラントクリームよりも2倍の殺菌力を誇るから、ワキガ効果に期待ができます。

QB薬用デオドラントクリームの口コミは?

株式会社リベルタによる、「人に勧めたいか」という問いに対して、94%もの人々が”Yes”と答えたQB薬用デオドラントクリーム。

公式HPでは満足度が非常に高いことを記載していましたが、果たしてネット上にUPされている口コミは良いのかどうか、口コミ件数の多い@cosmeを参考にしながら調べてみることにしました。

【良い口コミ】

  • 朝に塗ると本当にワキのニオイが気にならなくなります。制汗作用はあまり感じませんが、コスパは良いと思います。
  • 母に勧められて購入しましたが、効果は絶大!少しの量なのに、しっかりと塗り込めば制汗も消臭も効果が高いです。

【悪い口コミ】

  • 臭いにまったく効果がありませんでした。むしろ何も塗っていない時よりも匂いが強くなった気がします。
  • お風呂上り3時間ほどでワキガの匂いがしてきます。

QB薬用デオドラントクリームを使って、ワキガの匂いが気にならくなったという方もいれば、全く効果がなかったと感じている方もいて、効果の現れ方には個人差があるようでした。

☆6と評価をしている方もいましたが、一方で☆0と評価をしている方もいたので、@cosmeでは総合的に☆2.6と低い結果になっていました。

しかしネットの口コミを見ていると、効果を実感した方も多くいるようだったので、物は試しに私も購入してみることにしました。

QB薬用デオドラントクリームはワキガの匂いに効く?

QB薬用デオドラントクリームはこんな商品!

QB薬用デオドラントクリームがさっそく届きました。さっそく商品のご紹介をしたいと思います。

箱を開けてみると、中にはパンフレットと商品が入っていました。

こちらは商品とともに同封されていたパンフレットです。

パンフレットの中にはQB薬用デオドラントクリームの使い方や、配合されている成分内容、使用するあたっての注意事項などが記載されています。

そしてこちらがQB薬用デオドラントクリームの商品本体です。

商品本体は思っていたよりも非常にコンパクトなサイズで、手のひらにすっぽり収まるほど。

厚みもなく薄い容器なので、そのままカバンの中に入れても邪魔になることはありません。

パカッと蓋を開けてみました。中には白いクリームが入っています。無香料なので、もちろんクリームからはニオイがしません。

クリームを手に取ってみました。結構クリームを手に取ったつもりなのですが、これくらいの量しか手にとれませんでした。

クリームながらも意外とさらっとしたテクスチャで、ほんのり粉っぽさも感じます。

クリームの伸びは、まぁ良い方でするする~と伸びていきます。さきほどの粉っぽさのおかげで、手の甲はさらさらとした肌になりました。

こうしたクリームタイプのデオドラント商品って、塗った直後は肌がベタベタになることが多いのですが、その点QB薬用デオドラントクリームは塗ってからすぐに肌がさらっとするので、忙しい朝にもぴったりの商品だと思いました。

速乾性タイプの商品はとても使い勝手が良いです。

クリームを塗った手の甲に、水を流してみました。確かにウォータープルーフなだけあって、ザーッと水を流してもきれいに弾いております。これは制汗効果が期待できそうですね。

それでは実際にQB薬用デオドラントクリームを使って、ワキのケアを始めてみたいと思います。

QB薬用デオドラントクリームを使ってみた感想は?

ワキに塗ってみた効果は?

QB薬用デオドラントクリームの使い方は、一般的なデオドラント商品とまったく同じで、使用の前に肌を清潔にしてからワキ下や、足など汗の出やすいところに、適量を塗りこむだけ。

さっそくワキにクリームを塗ってみると、1回手に取った量ではまんべんなく保湿することができなかったので、2~3回クリームを手に取り直し塗りました。

ワキに塗った瞬間サラサラとした肌質に変わり、まるでサラサラパウダーが配合されているかのようでした。

結構夏場って体がべたつきやすいので、こうした肌質に変わるクリームがあると、結構ありがたいです。

ただQB薬用デオドランドクリームをたっぷり塗りすぎると、肌が白くなるので、あまりつけすぎないように注意をする必要があります。

しかしQB薬用デオドラントクリームは、今まで使ってきたクリームタイプのデオドラント商品よりも抜群に使い勝手は良いです。

塗った直後から、肌がサラサラとするのですぐに衣類を着ることができますし、乾くのを待つ必要性もありません。

しかもウォータープルーフと言っても、しっかりと肌が息をしている感じで、素肌に近い感覚で過ごすことができるので、ウォータープルーフが苦手…と言う方にもおすすめできる商品だと思いました。

ただし、非常に使い勝手の良い商品であるものの、肝心のワキガと汗に対する効果はあまり得ることができませんでした。

特に制汗作用については塗った3時間くらいに汗が流れ落ちるから、それとともにニオイもまた出てきてしまいます。

たしかにウォータープルーフなので、汗には流れ落ちにくいものの、長時間持続することは難しそうです。恐らく汗で塗れた状態で、衣類がこすれると成分が取れてしまうのでしょうか。そのため1日中効果を持続させるには、何回かに分けて塗った方が良さそうです。

またワキガに関しても、塗ってから長時間効果を持続させることはできず、私の場合は頑張って3~4時間ほどでした。

しかしネットにアップされていた口コミのように、「塗った方が変なニオイになる」ということはありませんでした。

なぜなら無香料なので、ワキに変なニオイをMIXさせることがないからです。そのためデオドラントクリーム独特の匂いが苦手…と言う方もQB薬用デオドラントクリームはおすすめできる商品と言えそうです。

ちなみに片方のワキにクリームをまんべんなく塗ったあとの、残量がこちらです。結構クリームを手に取らないと、しっかりと塗りこむことができないので、1回分だけでこれくらい減りました。

伸びは良いのですが、もともとの内容量が30gと非常に少ないためあまりコスパは良くなさそうです。

特にクリームタイプって脇以外にも臭いや汗が気になる足や二の腕など、全身に使うことができるので、全身に使うとなるとあっと言う間になくなりそうです

足に塗ってみた効果は?

QB薬用デオドラントクリームは、ロールオンタイプのデオドラント商品と違って、細かい部分も塗りこむことができるため、ワキの次にコンプレックスがある足にも塗ってみました。

私はいつも朝会社へ行ってから、夕方帰ってくる頃になると自分でも思わず鼻をつまんでしまいたくなることがあります。

そのため友達の家に行ったときや、居酒屋で靴を脱ぐときなんかは、「足の臭い大丈夫かな…」と心配になることがたくさんありました。

そのため外出先でも足のニオイに悩むことがないよう、QB薬用デオドラントクリームを塗ってみることに。

使い方はわきと塗る方法とまったく同じなので、難しくはありません。指の間を中心に塗りこんでみると…

かなり足の指の間がサラサラになりました。塗ってすぐに足の匂いがなくなったのかは分かりませんが、お昼休憩の段階ではいつもより臭うことがなかったので、足臭に関してはなかなかの効果を得ることができたと思っています。

さすがに1日中ニオイを消臭することはできませんでしたが、蒸れやすい足もQB薬用デオドラントクリームを塗ることで快適に過ごすことができますし、トイレに行く時なんかに塗り直すと効果は長続きしそうです。

QB薬用デオドラントクリームの気になる副作用

QB薬用デオドラントクリームは肌のことを考えて、無着色・無香料で作られたデオドラント商品です。

パラベンフリー、アルコールフリー、アルミニウムフリーでパッチテストも済んでいるため敏感肌の方にもご利用いただけます。

またQB薬用デオドラントクリームには、天然ホホバオイルを配合しているのですが、この成分にはワックスエステルといった主成分が、肌を乾燥から守ってくれる働きがある為、肌が乾燥気味な方にも嬉しい商品です。

しかしそんな薬用QBデオドラントクリームにも、副作用の懸念がされる成分がいくつか含まれていました。

この章ではそんな副作用の危険がある成分についてご紹介します。

QB薬用デオドラントクリームには副作用があるの?

QB薬用デオドラントクリームに配合されている成分は以下の通りです。ワキガに効果のある酸化亜鉛を始め、厳選された8種類の天然由来の植物エキスなどが配合されていますが、ここでは3つの有効成分の副作用について調べてみました。

①イソプロピルメチルフェノール

使う人によって、まれに肌荒れや湿疹を引き起こす可能性があるため、厚生労働省の指定表示成分に認定されています。

ただし化粧品では0.1%以下、医薬品であれば0.3%以下と配合量を指定されているように、市販で売られているものは、害のないレベルの少量で配合されているので、副作用の心配はなさそうです。

しかし万が一肌に異常が現れた場合はすぐに使用を中止して、かかりつけの医師に相談をしましょう。

②トリクロサン

ワキガに効果的な成分ではありますが、発がん性の危険があるとしてアメリカのミネソタ州では、トリクロサンを含む商品の発売を禁止しました。

ただし歯磨き剤などトリクロサンの配合量が少量であるものについては、副作用の危険性は少ないようなので、QB薬用デオドラントクリームを使用するにあたっては副作用を心配する必要性はなさそうです。

QB薬用デオドラントクリームをさらに効果的に使用するには?

QB薬用デオドラントクリームを塗るまでの適切な処理を心がけよう

QB薬用デオドラントクリームを塗る前にだけでさらに効果的に使用できる方法があります。

それは「クリームを塗る前にワキを清潔な状態にしておくこと」。例えば入浴をして体を清潔にしたり、朝の外出前にあらかじめ雑菌などを拭いておくことで、ワキガの原因となる菌を覗いておくことができます。

またクリームの効果が切れてきたな…というときには、クリームを重ねづけすると効果が長き続きしますので、外出時にも非常に有効的です。

QB薬用ボディソープを合わせて使おう!

QB薬用デオドラントクリームを効果的に使用するには、QB薬用ボディソープとの併用がおススメです。

QB薬用ボディソープは、お値段が1944円(税込)とお手頃価格でありますが、ニオイにしっかりと働きかけるグリチルリチン酸ジカリウム、イソプロピルメチルフェノール、トリクロサンといった3つの有効成分が配合されています。

デオドラントケアの前準備として使用することで、より強固にニオイをブロックしてくれますし、植物由来の保湿成分は肌をしっとりと保湿してくれます。

毎日使っているボディソープをQB薬用ボディソープに変えるだけで、簡単にニオイケアをすることができます。

QB薬用デオドラントクリームの最安値販売店は?

QB薬用デオドラントクリームは、通信販売限定の商品なので残念ながら店頭で購入することはできません。

そのため大手通信販売会社の楽天とAMAZON、公式HPの3社で値段の比較をしてみることにしました。以下は2017年5月24日時点での集計結果です。

①楽天:30g 1878円+送料

②AMAZON(アマゾン):30g 2090円+送料

③公式HP:30g 4104円(※3240円以上は送料無料)

公式HPでは税込4104円で発売されており、AMAZONや楽天よりも若干高めの値段になっていました。そのためなるべく安く購入したい!と言う方は一番お得な楽天での購入がおススメですが、楽天で購入する場合は同シリーズの商品がたくさん発売されているので、間違って他の商品を購入しないように注意をする必要性があります。

また公式HPは楽天やAMAZONよりもお値段が高めに設定されているものの、配送日を指定できますし、ラッピングサービス無料、平日12時までの購入で当日発送可能など、いろんなサービスを受けることができますので、家族にバレズに届けたい方や、早く商品が欲しい方は公式HPでの購入もアリだと思います。

QB薬用デオドラントクリームの良い点・悪い点

良い点

  • 速乾性があるから、忙しいときにもぴったり!
  • 衣類にひっつかないサラサラタイプのクリーム
  • 肌に優しい成分を配合している
  • 気になる足臭にも最適

悪い点

  • コスパがあまり良くない(全身に使うとすぐになくなる)
  • 制汗、殺菌効果ともに軽度のワキガ症・汗っかき向け
  • 塗りすぎると、肌が白っぽくなる

 

QB薬用デオドラントクリームは、もともと内容量が少ない上に、たっぷりクリームを手に取らないと両方のワキをしっかりとケアすることができません。

そのため全身に使うとすぐになくなってしまう恐れがありますが、足の指の間などこまごまとした部分に使用するには、使い勝手の良い商品だと思います。

また速乾性のあるさらさらとしたテクスチャのクリームだから、暑い夏の季節も肌がべたっとすることはありませんし、衣類にひっつかないもの魅力の1つです。

ただし制汗、殺菌効果共に軽度の効果しか得ることができなかったため、しっかりとニオイや汗を抑えたい方には少々不満に感じる結果となりました。

ただQB薬用デオドラントクリームは、商品販売前にしっかりとパッチテストを行っていますし、無駄な添加物を含んでいないので、長く続けるうえでは良いのかなと思います。

まとめ

QB薬用デオドラントクリームは初のウォータープルーフであるデオドラント商品に挑戦ということで、かなり期待をしていたのですが、思っていた以上に効果を得ることができませんでした。

確かに汗や水に流れにくいものの、衣類が肌と擦れることで、成分も取れてしまうようでした。

もっと肌に高密着したクリームだとこうしたデメリットも回避できそうですが、そうなると肌にかかる負担も大きそうです。

ただしさらさらとした速乾性のクリームなので、使い勝手はとても良いです。

デオドラントランキング

重度のワキガ臭に悩む私が厳選したデオドラントクリームは次の5つです。

【2018年最新版】ワキガ用デオドラントランキング
  1. クリアネオ
    (重度のワキガ臭対策に最適のクリームです)
  2. ノアンデ
  3. ラポマイン
  4. デオプラスラボ
  5. デオシーク

 

【第1位】クリアネオ ワキガクリーム

クリアネオ

  • 重度のワキガにも効く有効成分(柿渋エキス)配合
  • 制汗効果&持続性があり朝の1塗りでOK
  • 夏でも、塗り直しが不要
  • 永久全額返金保証付き&購入回数縛りなし
  • 医薬部外品
クリアネオってどんなデオドラント?

クリアネオ他のデオドラントと比べて消臭力と制汗効果がかなり強い!口コミが多く、雑誌でも紹介されている人気のデオドラントクリーム

その消臭効果や制汗力は、夏場でも実感できる威力との口コミも多いのですが、実際に使ってみると、確かにその効果を感じました。

特に汗を抑える力が強く、クリームが汗で流れ落ちにくいので、消臭効果が長く続くというのが大きな特徴です。

なお、効き目は強いのに、肌への刺激はほとんどないので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使えます

クリアネオのおかげで、ワキガの匂いに対する不安はほとんどなくなりました。

キャンペーン価格で購入できます

→管理人によるクリアネオのレビュー記事はこちら

 

【第2位】ノアンデ

ノアンデ

  • 除菌力が強くワキガ臭を抑える
  • 制汗効果はクリアネオより少し劣る
  • 化粧品のようなデザイン
ノアンデってどんなデオドラント?

DSC07054ノアンデもかなり人気の商品で、ユーザーが多いデオドラントです。「ワキガの匂い菌を100%除菌」という表示通り、確かに消臭効果が強い商品でした。

デザインがとてもお洒落で、しかもプッシュ式のため、化粧ポーチの中に入れていても違和感がなく、持ち運び向きと言えるでしょう。

→管理人によるノアンデのレビュー記事はこちら

 

ピックアップ記事

クリアネオとノアンデを同時に使って、ワキガの消臭効果や制汗力を比較しながら検証してみました。

 

【第3位】ラポマイン

ラポマイン

  • 消臭力は上位商品に負けず劣らず
  • 保湿効果で脇汗を抑える
  • 購入回数縛り&値段が高いのがデメリット

(定期購入割引で買うには3回継続が必須です。)

ラポマインってどんなデオドラント?

ラポマインラポマインは、以前、アットコスメのランキングで1位を獲得した実績があり、そこから人気が出てきたデオドラントクリーム。

保湿成分が配合されていて、その効果により脇汗を抑えるとのことですが、制汗効果は普通でした。それほど強くないように感じます。

それでも、ラポマインはワキガ対策やスソワキガ対策としても効果がありましたので、第3位にエントリー!

→管理人によるラポマインのレビュー記事はこちら

 

【第4位】デオプラスラボ

デオプラスラボ

  • 女性誌での紹介が多い
  • クリームの伸びが良いので少量でもOK
  • 値段が少し高くコスパが△

(定期購入割引で買うには3回継続が必須です。)

デオプラスラボってどんなデオドラント?

16723968986_3df9a4af1a_z最近リニューアルされてパワーアップしたデオプラスラボ。少し値段は高いのがネックですが、人気がある商品です。

デオドラントクリームとしては珍しい完全チューブタイプのパッケージで、少量の使用でも手に取りやすいのがメリット。

一方の効果は、上位3つには劣りますが、夏場でもその効果は十分感じることができました。

→管理人によるデオプラスラボのレビュー記事はこちら

 

【第5位】デオシーク

デオシーク

  • クリームの伸びが良いので少量でもOK
  • サプリメントが付いている!
  • 1本で40日程度なのでコスパが少し悪い
デオシークってどんなデオドラント?

デオシークは、少し値段が高い商品ですが、女性を中心に人気がある商品です。その理由は、高い消臭効果と制汗力があるから。

クリアネオやラポマインと同様、伸びの良いクリームなので使い勝手もよく、少量の使用でも手に取りやすいのがメリット。

値段が少し高い理由は、消臭目的のサプリメントが付いているからですが、個人的にはこのサプリメントは不要と感じています。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

この記事へのコメントはありません。

管理人が試したデオドラントレビュー