1. ホーム
  2. 部位別ニオイ対策
  3. 陰部のニオイ対策
  4. ≫ダメ絶対!デリケートゾーンのニオイを悪化させる間違った臭いケア7つ

ダメ絶対!デリケートゾーンのニオイを悪化させる間違った臭いケア7つ

陰部のニオイケア

デリケートゾーンの臭いは、女性なら誰もが気になるもの。デリケートゾーンの臭いを防ぐことは大切ですが、間違った臭いケアをしている方も多いようです。

間違ったケアがデリケートゾーンを傷つけ、臭いを悪化させてしまうこともあるんですよ。ついやってしまいがちな、間違った臭いケアについてご紹介します。

デリケートゾーンを洗い過ぎる

デリケートゾーンを清潔に保つことは、臭いを抑えるうえでとても大切なこと。でも清潔さを求めるあまり洗い過ぎてしまい、逆効果となってしまうことも。

デリケートゾーンの皮膚はとってもデリケートです。そのためゴシゴシ力を入れて洗ったりすると、皮膚を傷つけてしまい炎症を起こしてしまうことも。炎症した部分に雑菌が繁殖してしまうと、化膿してしまうこともありますよ。

それとともに、臭いが強くなってしまうことも。洗う時には、皮膚にダメージを与えないようにやさしく洗うことが肝心です。

使用する石鹸によっても、皮膚にダメージを与えてしまいます。陰部は特にデリケートなので、洗浄力の高い石鹸は皮膚への負担となってしまいますよ。

皮膚がダメージを受けると、細菌やウイルスなどから皮膚を守るバリア機能が低下してしまいます。細菌やウイルスに感染したことで、臭いが強くなってしまうことも。

細菌やウイルスの感染を防ぐためにも、皮膚のバリア機能を低下させないように注意してくださいね。

不要な膣洗浄をする

膣の臭いやおりものの臭いが気になるからと、頻回な膣洗浄をする方もみえるようです。でも膣洗浄をすることで、雑菌が繁殖しやすくしてしまうことがあります。

膣には乳酸菌による自浄作用があり、膣内は弱酸性に保たれています。そのため、雑菌などが繁殖しにくい環境となっているんです。でも膣洗浄をすることで乳酸菌が失われてしまうと、雑菌が繁殖しやくなってしまいますよ。

その結果、性感染症に感染するリスクが高まったり、膣炎を起こしたりしてしまうことも。性感染症や膣炎を起こすとおりものの臭いも強くなることが多いので、臭いケアとしては逆効果になってしまいますね。

健康な膣であれば、膣洗浄は特に必要ないと言われています。おりものの臭いが強い場合、膣に違和感がある場合でも、自己判断で膣洗浄を行うのはあまりオススメしません。

病気になっている可能性があるので、気になる時には婦人科を受診してみてくださいね。

一年中おりものシートを使用する

おりものの臭いを心配するあまり、常におりものシートが手放せないという方も。おりものシートは簡単に交換することができ、外出時にも安心できるため、とても重宝するものです。

でも、常におりものシートを使用することはオススメしません。おりものシートの種類によって違いはありますが、おりものシートを使用すると、使用しない時よりもどうしても蒸れやすくなってしまいます。

デリケートゾーンが蒸れることで雑菌が繁殖しやすくなり、逆に臭いを強くしてしまうこともありますよ。おりものシートがすれることによって、かぶれなどの皮膚トラブルを起こしてしまうことも。

おりものシートはおりものがある時、外出する時などにとどめ、おりものシートを使用しない時間をつくることも大切です。おりものシートはできるだけ通気性の良いもの、お肌にやさしいものを選び、こまめに交換するようにしてください。

おりものシートではなくタンポンを使用する方もみえるようですが、タンポンはおりものではなく月経に使用するものです。

おりものの臭いを抑えるのに効果的かもしれませんが、体への負担が大きくなってしまうため、生理の時のみ使用するようにしてくださいね。

デリケートゾーンを密閉状態にする

デリケートゾーンの臭いを人に気づかれたくないと思うあまり、デリケートゾーンを密閉状態にしてしまう方も。

デリケートゾーンをガードル、ストッキング、ズボンなどでがっちりガードして、臭いが外にもれないようにすることが逆効果となってしまうことがあります。デリケートゾーンを密閉すればするほど、蒸れやすくなってしまうせいです。

汗もかきやすくなってしまいますよ。密閉されたデリケートゾーンには雑菌が繁殖しやすくなり、臭いも強くなってしまうことに。

下着を下したら閉じ込められた臭いにびっくり!ということになってしまいますよ。

雑菌の繁殖を防ぐには、デリケートゾーンの通気性を良くすることが肝心です。下着は、通気性と吸湿性の良いものを選ぶようにしましょう。ガードルやストッキングなどデリケートゾーンに密着するものよりも、ゆったりしたデザインのものがオススメです。

デオドランドをつけすぎる

デリケートゾーンの臭いを抑えてくれるデオドランドクリームなどが、臭いを悪化させる原因となってしまうこともあります。

デオドランドクリームは正しく使用すれば臭いを抑えるのに役立てくれますが、使用方法を誤ると逆効果となってしまうので注意が必要です。

臭いを抑えたいからといってデオドランドクリームを過剰につけすぎてしまうと、毛穴につまって汚れとなってしまいますよ。

種類によっては、デオドランドクリームとデリケートゾーンの臭いが混ざってしまい、さらに悪臭になってしまうことも。デオドランドクリームは自分に合うものかどうかを確認し、適量をつけるようにしましょう。

デオドランドクリームを使用した時には、しっかりと洗い流すことも大切ですよ。常に使用していると皮膚の負担となってしまうことがあるため、デオドランドクリームを使用しない時間もつくるようにしてください。

負担の大きいアンダーヘアの自己処理

デリケートゾーンの臭いを抑えるために、アンダーヘアを処理するのは効果的。でも負担の大きい自己処理をすることで、デリケートゾーンにダメージを与えてしまうことも。

アンダーヘアは毛が太く皮膚もデリケートなため、自分で処理するのは大変です。自分で処理しにくい位置にあることもあり、皮膚を傷つけてしまうことも。

毛嚢炎や埋没毛などの皮膚トラブルも起こりやすい部位となっています。自己処理によって皮膚がダメージを受けると、肌のターンオーバー機能も乱れてしまうため、古い角質がたまりやすくなってしまいます。

雑菌は古い角質が大好きなため、古い角質が増えると雑菌が繁殖しやすくなってしまいますよ。自己処理をする場合には、皮膚に負担をかけないように注意しましょう。

医療レーザー脱毛や光脱毛で、アンダーヘアの量を減らして自己処理を楽にするのもオススメですよ。

デリケートゾーンの臭いを気にしすぎる

デリケートゾーンの臭いに気を配ることは、女性として大切なことだと思います。だからと言って、気にしすぎるのもよくありません。

気にしすぎると精神的ストレスとなり、体の抵抗力を低下させたり、女性ホルモンを乱したりすることになってしまいます。

その結果、デリケートゾーンやおりものに雑菌が繁殖して、デリケートゾーンの臭いを強くしてしまうこともありますよ。誰でも多少はデリケートゾーンの臭いがあるものです。自分だけの思い込みということもありますよ。

デリケートゾーンの臭いケアをしても臭いが軽減しない場合には、婦人科を受診してみるのもオススメです。膣炎などの婦人科疾患、性感染症、すそわきがなどが、臭いの原因となっていることもありますよ。

デオドラントランキング

重度のワキガ臭に悩む私が厳選したデオドラントクリームは次の5つです。

【2018年最新版】ワキガ用デオドラントランキング
  1. クリアネオ
    (重度のワキガの匂いを完全に消したい方はコレ)
  2. ノアンデ
    (効果と持ち運びできるおしゃれさが必要な方はコレ)
  3. ラポマイン
    (乾燥肌体質で保湿成分が必要な方はコレ)
  4. デオプラスラボ
    (スソワキガにも使いたい方はコレ)
  5. デオシーク
    (サプリも活用して体全体で匂い対策したい方はコレ)

 

【第1位】クリアネオ ワキガクリーム

クリアネオ

  • 重度のワキガにも効く有効成分(柿渋エキス)配合
  • 制汗効果&持続性があり朝の1塗りでOK
  • 夏でも、塗り直しが不要
  • 永久全額返金保証付き&購入回数縛りなし
  • 医薬部外品
クリアネオってどんなデオドラント?

クリアネオ他のデオドラントと比べて消臭力と制汗効果がかなり強い!口コミが多く、雑誌でも紹介されている人気のデオドラントクリーム

その消臭効果や制汗力は、夏場でも実感できる威力との口コミも多いのですが、実際に使ってみると、確かにその効果を感じました。

特に汗を抑える力が強く、クリームが汗で流れ落ちにくいので、消臭効果が長く続くというのが大きな特徴です。

なお、効き目は強いのに、肌への刺激はほとんどないので、敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使えます

クリアネオのおかげで、ワキガの匂いに対する不安はほとんどなくなりました。

キャンペーン価格で購入できます

→管理人によるクリアネオのレビュー記事はこちら

 

【第2位】ノアンデ

ノアンデ

  • 除菌力が強くワキガ臭を抑える
  • 制汗効果はクリアネオより少し劣る
  • 化粧品のようなデザイン
ノアンデってどんなデオドラント?

DSC07054ノアンデもかなり人気の商品で、ユーザーが多いデオドラントです。「ワキガの匂い菌を100%除菌」という表示通り、確かに消臭効果が強い商品でした。

デザインがとてもお洒落で、しかもプッシュ式のため、化粧ポーチの中に入れていても違和感がなく、持ち運び向きと言えるでしょう。

→管理人によるノアンデのレビュー記事はこちら

 

ピックアップ記事

クリアネオとノアンデを同時に使って、ワキガの消臭効果や制汗力を比較しながら検証してみました。

 

【第3位】ラポマイン

ラポマイン

  • 消臭力は上位商品に負けず劣らず
  • 保湿効果で脇汗を抑える
  • 購入回数縛り&値段が高いのがデメリット

(定期購入割引で買うには3回継続が必須です。)

ラポマインってどんなデオドラント?

ラポマインラポマインは、以前、アットコスメのランキングで1位を獲得した実績があり、そこから人気が出てきたデオドラントクリーム。

保湿成分が配合されていて、その効果により脇汗を抑えるとのことですが、制汗効果は普通でした。それほど強くないように感じます。

それでも、ラポマインはワキガ対策やスソワキガ対策としても効果がありましたので、第3位にエントリー!

→管理人によるラポマインのレビュー記事はこちら

 

【第4位】デオプラスラボ

デオプラスラボ

  • 女性誌での紹介が多い
  • クリームの伸びが良いので少量でもOK
  • 値段が少し高くコスパが△

(定期購入割引で買うには3回継続が必須です。)

デオプラスラボってどんなデオドラント?

16723968986_3df9a4af1a_z最近リニューアルされてパワーアップしたデオプラスラボ。少し値段は高いのがネックですが、人気がある商品です。

デオドラントクリームとしては珍しい完全チューブタイプのパッケージで、少量の使用でも手に取りやすいのがメリット。

一方の効果は、上位3つには劣りますが、夏場でもその効果は十分感じることができました。

→管理人によるデオプラスラボのレビュー記事はこちら

 

【第5位】デオシーク

デオシーク

  • クリームの伸びが良いので少量でもOK
  • サプリメントが付いている!
  • 1本で40日程度なのでコスパが少し悪い
デオシークってどんなデオドラント?

デオシークは、少し値段が高い商品ですが、女性を中心に人気がある商品です。その理由は、高い消臭効果と制汗力があるから。

クリアネオやラポマインと同様、伸びの良いクリームなので使い勝手もよく、少量の使用でも手に取りやすいのがメリット。

値段が少し高い理由は、消臭目的のサプリメントが付いているからですが、個人的にはこのサプリメントは不要と感じています。

管理人が試したデオドラントレビュー


Warning: Use of undefined constant analytics_location - assumed 'analytics_location' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/affi2870/xn--u9jvgc7xm35xqeap98d.com/public_html/wp-content/themes/msx-02-170929/functions/adminpages.php on line 984