1. ホーム
  2. 部位別ニオイ対策
  3. 足のニオイ対策
  4. ≫制汗剤?スプレー?足のニオイケアで効果的な11種類の抑臭対策

制汗剤?スプレー?足のニオイケアで効果的な11種類の抑臭対策

足のニオイケア

足が臭いのってすごく気になりませんか?他人に足が臭い!とは絶対に思われたくないですよね。実は足が臭いけど、抑臭対策によって足の臭いを抑えている方もみえるようです。

抑臭対策することによって、嫌な足の臭いを他人にばれないようにすることも可能。足が臭い方にオススメしたい、抑臭対策についてご紹介します。

足を清潔に保つ

足の臭いは、足についている汚れ、汗、古い角質などを、雑菌が分解することで発生します。だから足の臭いを抑えるには、足についている汚れなどを洗い流して清潔にし、雑菌が繁殖するのを防ぐことが大切です。足は毎日洗って、清潔に保つようにしましょう。

足の裏だけでなく、指の間や爪の間までしっかりと洗うことが肝心です。爪が伸びていると爪の間に汚れがたまりやすくなるため、爪はきれいに切りそろえておくのがオススメですよ。ジェルネイルや付け爪のお手入れも定期的にするようにしてくださいね。

デオドランドクリームや制汗剤が残っていると汚れとなり臭いの元となってしまうので、デオドランドクリームや制汗剤を使用した時には、洗い残しのないように石鹸を使用してしっかりと洗ってください。

古い角質をためない

古い角質があると、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。雑菌の繁殖を防ぐためにも、余分な角質を取り除くようにしましょう。特に踵は古い角質が溜まって固くなりやすい部位なので、こまめなお手入れが必要です。

皮膚が乾燥していると古い角質がたまりやすくなってしまうので、保湿ケアをして乾燥させないようにすることも大切ですよ。角質を取り過ぎると皮膚を炎症させて逆効果となってしまうので、取り過ぎには注意してください。

足をこまめに拭く

足から出た汗や余分な皮脂を放置しておくと、雑菌が繁殖して足の臭いが強くなってしまいます。汗をかいたら、こまめに拭きとるようにしましょう。

ウェットティッシュや濡れたガーゼなどでやさしく拭き取り、しっかりと乾かすことがポイント。生乾きにしておくと、逆に雑菌を繁殖させてしまうことになりますよ。

デオドランドクリームや制汗剤などを使用する前にも一度きれいに拭いてから使用すると、デオドランドクリームや制汗剤の効果がアップしますよ。

制汗剤を使用する

汗の分泌を抑えてくれる、制汗剤を使用するのもオススメです。足は汗の分泌が盛んな部位。そのため、汗が雑菌に分解されて足の臭いが発生しやすくなってしまいます。汗の分泌を抑えることが、足の臭いを抑えることに繋がりますよ。

制汗剤には、スプレータイプ、ローションタイプ、クリームタイプなどがあります。合うかどうかには個人差があるので、商品を試してみて、自分に合うタイプを選ぶのがオススメです。

24時間制汗剤を使用していると皮膚の負担となってしまうため、制汗剤を使用しない時間も作るようにしてください。

デオドランドクリームを使用する

デオドランドクリームを使用するのもオススメです。デオドランドクリームにはボディ用などがありますが、足専用のものの方が効果の高いものが多いようです。

デオドランドクリームには、足の臭いを目立たせないようにしてくれる働きがあります。制汗効果のあるものも。香りは、無香料のものからフローラル系など様々。

合う香りは人によって違うので、自分に合う香りのものを選ぶようにしましょう。デオドランドクリームを24時間使用していると、毛穴につまって汚れとなってしまう恐れがあるので、デオドランドクリームを使用しない時間もつくるようにしてください。

衣類用消臭剤を使用する

足よりも靴下の方が臭い!ということも。これは、足の臭いが靴下に移ってしまうせいです。靴下が臭くならないよう、衣類用消臭剤を使用することもオススメです。衣類用消臭剤は靴下につけるだけで肌へは直接つけなくていいので、肌の負担が少なくてすみますよ。
靴下についてしまった臭いが落ちるまで、しっかりと洗濯することも大切です。消臭効果のある洗濯洗剤を使用するのも効果的です。

通気性・吸湿性のいい靴下を使用する

足の臭いを軽減させるには、足の通気性をよくして蒸れないようにすることが効果的です。そのためにも、通気性・吸湿性のいい靴下を使用するようにしましょう。

ストッキングなどは通気性・吸湿性が悪いため、足の臭いが強くなりがちです。ストッキングの上にフットカバーやショートソックスを重ねてはいた方が、臭いが少なくなることもありますよ。

裸足でパンプスや運動シューズを履くと足が蒸れたままの状態となり、雑菌が繁殖して臭いが強くなることに。裸足で足が密閉されるような靴を履くのは厳禁です。

外出時に靴を脱ぐ場合には、替えの靴下を持参して履き替えるのもオススメですよ。靴下を履きかえることで、足の臭いをごまかすことができます。

通気性のいい靴を履く

できるだけ足の通気性をよくしておくことが大切。ブーツやパンプスなどは通気性が悪いため注意が必要です。ブーツのように足がしっかりと覆われているものよりも、サンダルなど開放的なものの方が雑菌の繁殖を防げるため、足の臭いも少なくなりますよ。

同じ靴を続けて履くと臭いがこもってしまうので、毎日違う靴をローテーションで履くのがオススメ。靴を2日休ませることで、靴についた臭いを軽減することができます。

靴のお手入れをする

足を清潔にして臭いをなくしても、靴に臭いがついていたり、雑菌が繁殖していたりしたら意味がありません。靴のケアをしっかりすることが大切です。

洗えるものは、定期的に水洗いをするようにしましょう。洗えないものは、水拭きや乾拭きをしてください。これだけでも違いますよ。

拭いた後には、しっかりと乾燥させ、雑菌の繁殖を防ぎましょう。サイズ的に可能であれば、靴に中敷きを入れるのもオススメです。中敷きであれば、洗うことも交換することも簡単です。

中敷きに消臭効果のある素材のものを使用すると、さらに臭いを抑えることができますよ。靴をお休みさせて保管する時に、消臭効果のある備長炭を入れておくのもオススメです。

靴用の消臭スプレーなどを使用するのも効果的ですよ。

足の臭いが強くなる食べ物を控える

食事の内容によっても、足の臭いは違ってきます。にんにくやニラなど臭いの強い食べ物を多く食べると、足の臭いも強くなると言われていますよ。臭いの強い食べ物は、ほどほどにするようにしましょう。

動物性蛋白質や脂っこいものを多く食べると、足の皮脂の分泌が盛んになってしまい、皮脂が過剰に分泌されることになります。過剰に分泌された皮脂は、雑菌が繁殖する原因となってしまいますよ。

皮脂が過剰に分泌されるような食べ物は、控えめにするのがオススメです。

生活習慣を整える

生活習慣が乱れていると、体臭もきつくなってしまいます。特に、睡眠不足や過度の疲労は大敵。体が過度に疲労すると、汗に含まれるアンモニアの量が増えてしまいます。

アンモニアの多い汗を雑菌が分解すると、いつもの汗よりも臭いが強くなってしまいますよ。しっかりと睡眠をとって体を休ませ、疲労をためないようにしましょう。ストレスも体臭をきつくする原因となるため、ストレスをためないようにすることも大切です。

飲酒、喫煙も足の臭いを強くする原因となってしまうため、控えるようにするのがオススメです。

デオドラントランキング

管理人が試したデオドラントレビュー