1. ホーム
  2. ワキガのためのワキ脱毛
  3. ≫ワキガ対策のワキ脱毛はどれがオススメ?「医療脱毛・光脱毛・絶縁針脱毛」

ワキガ対策のワキ脱毛はどれがオススメ?「医療脱毛・光脱毛・絶縁針脱毛」

ワキガ対策のワキ脱毛 「医療脱毛・光脱毛・絶縁針脱毛」どれがオススメ?

脇毛を脱毛したい!と思った時に検討するのが、どんな方法で脱毛するのか?ということです。

主な脱毛方法は、医療機関で行われている医療レーザー脱毛・絶縁針脱毛、脱毛サロンで行われている光脱毛など。脱毛の種類によって、特徴、費用、効果などに違いがあります。

それに、ワキガにお悩みの方が、ワキの脱毛をする場合の注意点などもあります。

それぞれのメリットとデメリットを知って、自分に合った脱毛方法を選ぶのが重要です。

医療機関の医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、医療機関で受けることができます。

医療レーザー脱毛は、黒い色素に反応するレーザーを照射して、毛根の奥にある毛乳頭という細胞組織を破壊する脱毛方法です。

毛根には、毛を生やす元となる毛母細胞という細胞組織があります。その毛母細胞に栄養を送っているのが毛乳頭です。皮膚の表面から照射されたレーザーは、毛穴の中に生えている毛に溜めこまれます。その溜めこまれたレーザーの熱の力で、毛乳頭を破壊します。

毛乳頭が破壊されると、毛母細胞に栄養を送り届けることができなくなります。そのため、栄養の不足した毛母細胞は毛を生やすことができなくなるという仕組みです。破壊された毛乳頭が元に戻ることはないため、その毛母細胞からは毛が生えてこなくなりますよ。

でも注意してほしいのが、医療レーザーの効かない毛があるということ。毛には成長期、退行期、休止期という3つの毛周期があるのですが、医療レーザーは成長期の毛にしか効きません。そのため成長期以外の毛に医療レーザーを照射しても、また毛が生えてきていしまいます。

できるだけ成長期の毛に照射するには、1カ月半前後の期間をあけて、複数回照射する必要があります。脱毛効果には個人差がありますが、だいたい5回前後の照射で満足する方が多いようです。

医療レーザー脱毛のメリットは、脱毛効果が高いところ。毛乳頭を破壊するため、脱毛終了後に毛が増えたり元に戻ったりということはほとんどありません。

脱毛効果が高いので、5回前後の照射で脱毛を終了できるのも嬉しいですね。また医師のいる医療機関で脱毛するため何か皮膚トラブルが起こった場合でも、すぐに診察してもらえたり、必要であれば薬を処方してもらうこともできるので安心です。

デメリットは、費用がかかってしまうということ。

光脱毛に比べると、高額になってしまいます。脱毛効果が高い分、痛みも強くなります。光脱毛がほとんど無痛なのに比べ、医療レーザー脱毛には、輪ゴムではじかれたような痛みがあると言われています。

レーザーの出力が強い分、レーザーを照射した後の皮膚反応が強く出てしまうことも。レーザーを照射した後は、毛穴の部分がプクプクと腫れたり、赤くなったりします。少しひりひりしたりすることも。

医療レーザーには毛が濃くて太い部位の方が痛くて皮膚反応が強くなるという特徴があるため、他の部位に比べて濃くて太い毛が生えている脇は、他の部位よりも痛みと皮膚反応が強くなりますよ。

レーザーは黒い色素に反応するため、皮膚が日焼けしていたり黒ずんでいると、脇毛だけでなく皮膚までレーザーに反応してしまうことも。その結果、皮膚が火傷を起こしてしまうことになります。

低価格の医療脱毛ならこちら

比較的値段が高額と言われている医療脱毛ですが、最近は値段を抑えたクリニックも増えてきました。レジーナクリニックなら、比較的低価格で医療脱毛が受けられます。

全国に数店舗しかありませんが、通える人はチェックしてみてください。

レジーナクリニックの詳細はこちら


脱毛サロンの光脱毛

光脱毛は、脱毛サロンで受けることができます。

光脱毛も医療レーザー脱毛と同じように、黒い色素に反応する光を照射して脱毛する方法です。脱毛のメカニズムは医療レーザーと同じですが、医療レーザーと違うところは、光の出力が弱いというところ。

医療レーザーはレーザーの出力が強いため毛乳頭を破壊することができますが、光脱毛の光は出力が弱いため、毛乳頭にダメージを与える程度です。そのため、医療レーザーよりも施術回数が必要になってしまいます。

光脱毛の光を複数回照射することで、毛乳頭にダメージを与え、毛が生えてくるのを抑えたり、毛が生えにくくすることができます。

光脱毛のメリットは、費用が抑えられるということ。脱毛サロンにもよりますが、医療レーザー脱毛よりも安価に脱毛をすることができます。お得な定額コースや無期限コースなどのキャンペーンも多く行われています。

脱毛効果が低い分、痛みや皮膚反応も弱くなるというメリットも。光脱毛の痛みは、ほとんど気にならない方が多いようです。光を照射した後の皮膚反応も、少し赤くなる程度。光脱毛は照射できる範囲が広いので、医療レーザー脱毛よりも施術時間が短くてすむことも。

光脱毛のデメリットは、複数回の施術を受けないといけないこと。光脱毛は脱毛効果が低い分、医療レーザー脱毛よりも多く施術を受けないといけません。

脱毛効果には個人差がありますが、光脱毛だと10回前後の施術で満足する方が多いようです。毛周期に合わせて2カ月前後で照射していくのですが、10回施術を受けるとなると、かなりの期間が必要になってしまいますね。

光脱毛の光も黒い色素に反応するため、皮膚が日焼けしていたり黒ずんでいると、火傷を起こしてしまうことがありますよ。脱毛サロンには医師がいないため、皮膚トラブルが起こった場合には自分で皮膚科を受診しないといけなくなることも。

脱毛サロンならココ

サロンで脇毛を脱毛するなら、業界最大手の「ミュゼ」が安心です。

ミュゼプラチナムの詳細を見てみる

医療機関の絶縁針脱毛

絶縁針脱毛は、医療機関で受けることができます。

絶縁針脱毛は、絶縁針と呼ばれる細い針を毛穴に入れて電流を流し、電気の熱で毛根にある毛乳頭を焼切るというもの。絶縁針脱毛で焼切った毛乳頭は元に戻らないため、その毛はもう生えなくなります。で

も医療レーザー脱毛や光脱毛と同じように成長期の毛にした効かないため、成長期以外の毛には効果がありません。絶縁針脱毛をする時には毛をピンセットでつまみながら行うため、ピンセットでつまめるくらいの長さまで毛を生やしておく必要もありますよ。

絶縁針脱毛のメリットは、脱毛効果が高いところ。医療レーザー脱毛や光脱毛に比べて、一番脱毛効果が高いと言われています。

絶縁針脱毛のデメリットは、痛みが強いところです。痛みを緩和するために氷で冷やしながら脱毛をしますが、電流を流す時にかなりの痛みがあります。皮膚反応も強く出るため、毛穴の部分が赤くプクプクと腫れたり、ヒリヒリした痛みを感じます。

料金が高額になってしまうところも、デメリットの一つとなっています。医療レーザー脱毛や光脱毛は、○回の施術でいくらという料金設定が多いのに比べ、絶縁針脱毛は時間料金になっています。

絶縁針脱毛は1本1本を手技で脱毛していくので、両脇を全部脱毛しようと思うと、かなり料金がかかってしまいますよ。絶縁針は感染症などを防ぐため、個人持ちとなります。そのため絶縁針代もかかってしまいます。

脱毛方法は自分の希望に合わせて選ぶのがオススメ

脱毛方法によって、メリットとデメリットがあります。それらを考慮してどの脱毛方法にするのかを選ぶのがオススメですよ。

多少痛くて費用がかかっても、早く脱毛を終了したい方。皮膚トラブルなどの心配をせずに安心して脱毛をしたい方は、医療レーザー脱毛にするといいかもしれませんね。

できるだけ痛みを感じずに脱毛したい方。費用を抑えて気長に脱毛したい方は、光脱毛にしてみてもいいのではないでしょうか?

絶縁針脱毛は、医療レーザー脱毛や光脱毛の補助として利用するのがオススメです。医療レーザー脱毛や光脱毛をして毛がパラパラ生えている程度になったら、最後の仕上げとして絶縁針をしてみてもいいかもしれません。毛の量が少なければ、費用も少なくてすみますよ。


お役に立てばシェアをお願いします

2018年版!重度のワキガ用デオドラントランキング

デオドラントランキング

【重度のワキガにも効く】1番人気はクリアネオ

クリアネオ-22

重度のワキガである当サイトの管理人が現在使用しているデオドラントクリームは「クリアネオ」です。

消臭力が強いデオドラントクリームは他にもありますが、制汗力を兼ね備えたクリームはクリアネオだけ。

汗を抑える効果があるので、クリームがキープされ、効果が長続きするのが最大のメリットです。

値段が高いというデメリットはありますが、私はクリアネオを使い始めてから、「ニオイに不安を感じる生活」から解放されました。

>>クリアネオの公式サイトで詳しく見てみる

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。