1. ホーム
  2. デオドラントレビュー
  3. Ban
  4. ≫【ワキガに効くのか検証】Ban汗ブロック「プレミアム」ロールオンの効果とは?

【ワキガに効くのか検証】Ban汗ブロック「プレミアム」ロールオンの効果とは?

【デオドラントレビューシリーズ】

制汗剤やデオトラント商品を多数取り扱っているBan(バン)シリーズ。

今回はそのシリーズの「Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベル」の体験レビューです。

果たして今回挑戦するこの商品ははたしてワキガに効くのかどうか、辛口評価をしていきたいと思います。

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルってどんな商品?

Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベルは@cosmeベストコスメアワード2016の第1位を獲得し、ワキガが気になる人の99.9%が「使ってみたい」と回答した商品です。

そもそもワキガは汗をかくことによって嫌なニオイを発生することが多く、たいていのデオトラント商品も脇汗をブロックする効果を重要視しています。

しかし実際にこうした商品を使うと、高湿度や摩擦により、脇汗ブロック効果が持続せず不安定な状態になることがほとんどです。

そうなるといくらデオトラント商品を使ってもまったくの無意味となってしまうので、しっかりと汗をブロックする商品を選ばないといけません。

しかしその点に関してBan汗ブロックロールオンプレミアムラベルの制汗作用はとても優れています。ビューティケア研究所では2年以上にも及ぶ研究を重ねた結果、高い密着性の「耐水皮膜ヴェール」の開発に成功しました。

耐水皮膜ヴェールとはつまり、ワキの出口をしっかりと防ぐことを意味し、ワキ汗が出る前にしっかりと抑える効果を発揮します。

そのため真夏でも汗染みを気にせず過ごせるようになるので、まさにワキガ・多汗症の私にとってはプレミアムな商品なのです。

今までいろんなデオトラント商品を試してきましたが、このようにしっかりとワキ汗の出口をふさぐ作用を持った商品に巡り合ったことがなかったので、これはワキガ効果に期待ができると思いました。

そこで試しにBan汗ブロックロールオンプレミアムラベルを試してみることにしました。

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルの消臭効果を検証

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルはこんな商品!

さっそく薬局にて購入したBan汗ブロックロールオンプレミアムラベル。

さすが黄金のプレミアムラベルなだけあって、薬局にあるデオトラント商品の中でもひときわ目立っていました。

ちなみにこちらはプレミアムラベルの無香料タイプですが、石鹸の香りがするタイプもああるので、「ロールオンの匂いが苦手…」と言う方は、そちらを使ってみるのもアリですね。

さっそく箱から商品を取り出してみました。

Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベルは、手のひらにすっぽりと収まる持ちやすい形状で、確かにプレミアムな特別感がします。

蓋を開けてみました。中には白いボールが入っています。

まだこの時点では特に香りはしません。

試しにBan汗ブロックロールオン プレミアムラベルを手の甲に塗ってみました。容器を逆さにして、ボールにたっぷりと液体をなじませた後に塗ってみると、ちょうど良い量で液体が肌に染み込んでいくようです。

無色透明なので、どこまで塗ったか分かりにくいのが難ですが、2~3分も経てばすぐに乾くので比較的使いやすい商品だと思いました。

しかし今まで色々なデオトラント商品を使ってきたので、すぐにわかるのですが、このBan汗ブロックロールオンプレミアムラベルもちょっとニオイがきついかな…と言う感じがします。

肌表面が乾けばこうしたロールオン独特のニオイもなくなるのですが、それまでは少し鼻につくようなエタノールの匂いがするので、ニオイが気になる方はせっけんの香りを利用するのもアリだと思います。

ただ乾いた後はまったくの無臭になるので、それさえ我慢すれば、私は無香料の方が断然好きです。

それで実際にワキに塗り、制汗作用とワキガ効果があるのか検証してみたいと思います。

Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベルを使ってみたら…

次にワキに直接塗ってみましょう。

今回購入したのはロールオンタイプなので、クリームタイプのように直塗りすることはできませんが、その分スムーズに広範囲をケアできますし、何より手が汚れないからストレスになりません。

Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベルをさっそくワキに塗ってみると、さらっとしていた肌表面から水分が奪われたような感触に変わり、さっそく制汗作用が発揮されていました。

なるほど、確かに制汗作用の成分が肌にしっかりと密着しています。これなら少々汗をかいてもすぐに流れ落ちることはなさそうですね。

真夏でなければ最低3時間くらいは、ワキ汗をかかなくなるので、かなりの持続性を実感。
多汗症の私には十分な制汗作用だと言えますが、ロールオンタイプだと足の指の間など細かい部分を塗ることができないので、ちょっと残念でした。

その点に関して、スティックタイプは細かい部分まで塗ることができるので、やはり全身をケアするならこちらのスティックタイプを利用するのが良いかなと思います。

また気になっていたワキガ効果ですが、やはりBan汗ブロックロールオン プレミアムラベルは、制汗作用を重視しているので、ワキガに関してはまずまずの結果でした。

塗りたては「ん?ちょっと匂いが軽減したかな?」と思っていたのですが、やはりニオイを完全に抑えることができず、塗った後もほんのりとワキガのニオイが漂っていました。

制汗作用がしっかりと働いていることで、3時間程度はワキのニオイがきつくならずに済んでいましたが、100%ワキガの匂いを消したい私には、物足りなく感じてしまいました。

しかし軽いワキガの方なら、十分な効果だと思います。そのため、Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルは、

  • 多汗症の方、汗が気になる方
  • 軽度のワキガの方

にぴったりの商品だと言えるでしょう。

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルの気になる成分と副作用

先ほども軽く配合成分について触れましたが、Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルには他のデオトラント商品とは異なる独自成分が配合されています。

こちらはパッケージの裏面に記載されている成分配合表です。

【有効成分】
クロルヒドロキシアルミニウム
☆効果:以前までは制汗成分と言えば塩化アルミニウムが一般的でしたが、現在ではクロルヒドロキシアルミニウムが主流になっています。

この成分は塩化アルミニウムと違って、肌荒れなどのダメージが少なく、汗を抑えることができます。ただし、制汗作用に関しては塩化アルミニウムよりも少し劣りますが、長く続けるならば安全性の高いクロルヒドロキシアルミニウムを選ぶ方が良いでしょう。

イソプロピルメチルフェノール
☆効果:ニキビケア化粧品などでも多く見かけるこちらの成分は、優秀な殺菌作用があります。

そのためニキビケア化粧品以外にも防腐剤や防カビ剤など様々な成分に含まれていますが、アレルギーなどの害をもたらす可能性があるため、化粧品に使用される濃度は0.1%以下と定められています。
(↑この濃度以下であれば問題はありません)

Ban汗ブロックロールオンプレミアムには、こうした有効成分以外にもいろんな成分が含まれていますが、その中に副作用が心配される成分「エタノール」が含まれています。
エタノールと言えば高い殺菌作用を持つ成分で、手指の消毒や感染対策などに使用されています。

しかしあまりにも高い殺菌作用のために、過剰に摂取しすぎると肌荒れを起こしたり、かゆみやかぶれ、発疹が起こる場合があります。

そのため敏感肌が使用する際には、一度かかりつけの医師に相談すると良いでしょう。

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルの効果的な使用方法とは?

これはロールオンタイプの全商品に共通して言えることなのですが、ロールオンタイプを使用する際には、広めにくまなく塗ることが大切です。

Ban汗ブロックロールオンプレミアムを使用する前に、まずしっかりと清潔な状態にしてから、汗や匂いが気になる部分よりも少し広めに塗ることで、しっかりとニオイ・汗ケアをすることができます。

またワキにまんべんなく塗った後は、しっかりと乾くまで待っておかないと効果が半減してしまいますので、塗った部分が膜状に乾くまで待つようにしましょう。

また汗やニオイが特に気になる日には、お昼の休憩時間などに再度塗り直すことで、長時間効果を持続させることができます。

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルにはこんな種類がある

「Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベルとくれば、ノーマルシリーズもあるんじゃないの?」と思われた方もいらっしゃると思います。

確かに汗ブロックシリーズには普通のロールオンタイプもありますが、そのほかにもたくさんのデオトラント商品を取り扱っているので、この章ではBanシリーズについてご説明します。

Ban汗ブロックロールオン(無香料・せっけんの香り)

ワキガ・制汗作用のある商品です。

プレミアムラベルほどの密着性はないものの、汗の出口を防ぐ作用は変わりありません。
そのため本気で匂いを抑えたい方はプレミアムラベル、ワキガ軽度の方はノーマルのBan汗ブロックロールオンを利用すると良いでしょう。

Ban汗ブロックスティックタイプ プレミアムラベル

さらさらとした使用感が特徴的な商品です。

こちらもBan汗ブロックロールオン プレミアムラベルと同じく耐水皮膜成分を配合し、しっかりと汗の出口をふさいでくれます。

ベタつきやロールオンが苦手な方にはスティックタイプを使ってみるのもアリです。

 

Banにはこの他にもスプレータイプやシート、またニオイブロックシリーズなどがありますが、汗ブロックシリーズの場合は、まずワキガの原因となる汗をしっかりと押さえてくれるので、一般的なデオトラント商品よりも効果の持続性を実感することができました。

と言ってもBanシリーズは口コミでも評価が高い人気商品なので、利用シーンや体質、悩み別に合わせて使い分けるのもアリだと思います。

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルはこんな人におすすめ・不向き

おすすめな人

  • 汗をかきやすい方、多汗症の方
  • 汗染みが気になる方
  • 軽度のワキガの方

不向きな人

  • 中度~重度のワキガの方
  • 長時間の効果の持続性を期待している方
  • 敏感肌の方

Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベルは正直言って、中度~重度のワキガにはあまり効果がありません。この商品はワキ汗をかく前にしっかりとブロックする作用があるので、制汗作用はとても優れているのですが、そもそもワキガ自体を治す効果はありません。

そのため私のようにワキガのにおいがきつい場合は、完全に匂いを消すことはできないでしょう。

ただし、他のロールオン商品と比べても、Ban汗ブロックロールオン プレミアムラベルの制汗作用は高く、肌にしっかりと成分が密着するので、少々発汗した程度で、成分が流れ落ちることはありませんでした。

そのためBan汗ブロックロールオン プレミアムラベルは、汗からくるワキガにお悩みの方や、多汗症の方におすすめの商品だと言えるでしょう。

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルの最安値販売店とは?

Ban汗ブロックロールオンプレミアムラベルは薬局やドラックストアーでも手軽で購入できる商品です。

私の家の近くにある薬局ではだいたい758円が相場だったので、店頭では約760円で購入することができます。

一方でネットで購入した場合を比較してみましょう。
以下の集計結果は2017年4月21日時点のものです。

  • ①公式HP:取扱無し
  • ②楽天(ラクテン):569円+送料
  • ③AMAZON(アマゾン、amazon):609円+送料
  • ④yahoo!ショッピング:569円+送料

集計結果を見てもお分かりの通り、販売価格は安いものの送料が別にかかってしまうため、店頭で購入する方がお得なお値段になっていることが分かります。

しかし通信販売で購入すると場合によってはポイントが多くもらえたりするケースもありますし、家に居ながら簡単に注文できるので面倒くさがりの方にもおススメです。

そのため安く購入したい方は店頭へ、そしてポイントを貯めている方&仕事や育児などで忙しい方はネットでの注文にすると良いでしょう。

まとめ

今回はBanの汗ブロックシリーズからブロックロールオン プレミアムラベルを検証してみました。期待していたよりもワキガへの効果を得ることはできませんでしたが、それ以上に制汗作用がしっかりと働いていたように思います。

しっかりとワキガをケアしたい方には、あまりオススメできませんが、発汗をしばらく抑えてくれるので、緊張して汗をかきやすいデートの日や、汗染みが気になるスーツ着用のサラリーマンにはぴったりの商品だと思いました。

デオドラントランキング
Ban

管理人が試したデオドラントレビュー